タックスニュース

2012年5月18日 金曜日

Vol.0171

<タックスニュース>

社会保障と税の一体改革 関連法案が衆院で審議入り  自民党は対決姿勢の演出狙うが...

 消費増税を柱とした社会保障と税の一体改革関連法案が8日、衆院本会議で審議入りした。計7法案の趣旨説明の後、16日から特別委員会に舞台を移し、与野党の攻防が本格化する。
 自民党は年金制度など社会保障分野を中心に対案を用意し、政府・与党との対決姿勢を演出する構え。しかし、対案の中身や提出のタイミングをめぐり党内意見を集約しきれていないのが現状だ。
 「社会保障のあり方を堂々と提示する」。8日、野党のトップを切って質問に立った自民党の大島理森副総裁はこう言い切り、一体改革に関する自民党の見解を対案の形で示す考えを表明した。
当面は月7万円の最低保障年金創設などを盛り込んだ新年金改革案など、民主党のマニフェスト(政権公約)関連法案に焦点を絞り、公明党と共同で独自案を主張する方針だ。
 ただ、一体改革の目玉である消費増税法案については「対案をまとめるのは困難」(自民党幹部)。自民党も先の参院選などで消費増税を公約してきた経緯があり「社会保障と違い、消費増税法案に反対するのは難しい」(同)との声が根強いためだ。
 社会保障に関しても、安易に対案を示し、政府が自民案に抱きつく事態になれば、消費増税法案の成立を手助けすることになり、野田政権を解散・総選挙に追い込むという自民党の悲願が遠のきかねない。
 党重鎮からは「対案を示すのではなく、政府が自ら法案修正に動くのを待つ方が得策だ」と対案路線を疑問視する声も出ており、谷垣執行部は難しい対応を迫られそうだ。


節税、申告、事業承継のお悩みは無料相談実施中の税理士法人早川・平会計までどうぞ



<タックスワンポイント>

国税庁 4月27日以降の契約に適用  がん保険の全損扱いを改定

 支払保険料を全額損金にできていた法人契約のがん保険(終身保障タイプ)について、4月27日以後の契約から取り扱いが変更されることが、国税庁の新通達で示された。過去の契約にさかのぼって新たな取り扱いを適用される可能性もゼロではなかったが、通達改定日以降の契約に適用されることとなった。
 新たな取り扱い「法人が支払う『がん保険』(終身保障タイプ)の保険料の取り扱いについて(法令解釈通達)」では、終身払い込みと有期払い込み期間の区分に応じて取り扱いを定めている。これによると、4月27日以降に契約したがん保険については2分の1損金扱いになる。
 同庁はがん保険の税務上の取り扱いに関する「一部改正(案)」について、2月29日から1カ月間パブリックコメントを募集していた。改正案と今回の改定内容はほぼ変わらないが、適用日に関して改正案では「平成○年○月○日以後の契約に係る『がん保険』の保険料について適用」といったように"穴あき"だったのに対し、今回の新通達で具体的な数字が埋め込まれた。


相続、生前対策、事業承継のご相談は税理士法人早川・平会計までどうぞ


投稿者 税理士法人早川・平会計

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

税理士法人 早川・平会計

〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-10
安和司町ビル2F
JR神田駅徒歩5分・淡路町駅徒歩1分

お問い合わせ 詳しくはこちら