タックスニュース

2019年7月12日 金曜日

Vol.0501

<タックスニュース>

新たな相続ルールがスタート  配偶者優遇が鮮明に

 相続ルールの大幅な見直しを盛り込んだ改正民法が7月1日に施行された。相続ルールの見直しは約40年ぶりとなる。
 改正民法で鮮明になっているのは、配偶者の優遇だ。スタートした新ルールでは、結婚して20年以上の夫婦であれば、生前贈与か遺贈された自宅や居住用土地は、遺産分割の対象から外せるようになった。従来は原則として、生前贈与された住居は遺産分割や遺留分減殺請求の対象となっていたものを、完全に配偶者だけの取り分とする見直しだ。分割対象から外れるということは、配偶者は自宅を得た上で、残された財産について「2分の1」という法定相続分を取得できるようになる。
 仮に妻1人子1人で、夫が妻に2千万円の家を生前贈与し、預貯金2千万円が残ったとすると、以前は遺言などを残しておかない限り、妻は2千万円の家を贈与されているので預貯金は相続できないが、新制度では2千万円の家に加えて現金1千万円を相続できることになる。配偶者の取り分が大きく増加するわけで、税法では婚姻期間20年を超えた夫婦に対して2千万円までの不動産贈与を無税にする「おしどり特例」があるが、改正民法は民法版のおしどり特例と言えるだろう。
 配偶者の相続分を巡っては、来年4月に、家に住み続ける権利だけを分離して相続できる「配偶者居住権」がスタートする。一連の配偶者優遇の見直しの背景には、13年9月に下された、結婚していない男女の子(婚外子)の相続分を結婚した夫婦の子の半分とする民法規定を違憲と判断した最高裁判決がある。判決を受け民法改正が行われた一方で、正妻の権利拡大が必要との声も上がり、今回の相続民法の大改正につながった経緯がある。
 7月1日からは、遺産分割の結果に不満のある法定相続人が遺留分減殺請求をした時に、その対象を「相続財産そのもの」でなく「遺留分相当額の金銭」とする新ルールも始まった。今までは、自社株などが遺留分の対象になると全株式が共有化状態になってしまい、後継者が議決権などを自由に振るえず経営を阻害されるケースが生じていた。今後は先代から引き継いだ自社株が分散するリスクが減少するが、一方で遺留分に相当する金銭を他の相続人に支払わなければならず、まとまった現金を用意する必要となる。


税、申告、事業承継のお悩みは無料相談実施中の税理士法人早川・平会計までどうぞ


<タックスワンポイント>

不要な設備は有姿除却でお得に経費計上  使ってしまうと否認の可能性も

 環境汚染問題を背景に、産業廃棄物の処理方法が厳重になっている。廃棄物処理法では、産業廃棄物の適正な処理方法を細かく定め、排出業者はこれに従い責任を持って処理する義務がある。収集運搬から中間処理、最終処分に至るまでの工程は極めて細かく決められ、処分にかかる費用は昔に比べ格段に上がっている。
 専門業者に委託しても各工程で費用が発生し、産業廃棄物管理票を発行するにも費用がかかる。仮に事業所内にあるすべての不要な固定資産を処分するとなれば、莫大な費用を要することになるだろう。
 業務スペースを縮小し、固定資産税を負担してでも不要資産を抱え込んでいるのは、ひとえに廃棄に莫大な費用がかかるからだ。
 こうした費用負担を避けるために業務用資産の処分を見合わせている会社の間で、「有姿除却」を適用するケースがある。これは、使わなくなった固定資産について廃棄、解体などを行っていなくても、対象資産の帳簿価額から現況のまま、その処分見込価額を控除した金額を「除却損」として計上できる制度だ。不要資産を抱え込んでいる会社にとってはなんともありがたい。


相続専門の税理士による、相続、生前対策、事業承継のご相談は、初回無料で実施中です

投稿者 税理士法人早川・平会計

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ

税理士法人 早川・平会計

〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-10
安和司町ビル2F
JR神田駅徒歩5分・淡路町駅徒歩1分

お問い合わせ 詳しくはこちら