HOME > サービス案内 > 法人支援 > セカンドオピニオン

税務に関するセカンドオピニオン業務

税務に関するセカンドオピニオン業務

税務に関するセカンドオピニオン業務のイメージ
複数の資格者がいろいろな角度から検討する
私たちのセカンドオピニオンサービスで支援いたします

医療の現場では自分の体のことや治療方針について、患者さんにとっての「知る」権利が重要視され、患者さんの中にはかかりつけ医師以外の医師に、セカンドオピニオンとしての診断を依頼される方も増えてきています。
例えば、顧問税理士に何か質問をして回答が得られたとしても、「もし違っていたら責任を取れますか」とか、「本当に大丈夫なんですか」などと念押ししにくいものです。

上場しているような大きなであれば、顧問税理士を2人、3人と契約する余裕はありますが、中小企業にとっては税理士を2人も雇う余裕のあるところは少ないのが現実でいらっしゃるかと思います。

本当に言っていることが正しいのだろうかとちょっとでも疑問をお持ちでしたら、どうぞ私たちにお聞きください。複数の資格者がいろいろな角度から検討する私たちのセカンドオピニオンサービスで支援いたします。

現在の税理士様にご迷惑をお掛けしません

複雑化する経済、それにもまして複雑な税法の規定、これらをすべて熟知するのは、一人の税理士では困難となっております。
私どもは、国税OBを含めて6名の資格者が多角的に検討しベストな答えを導く体制となっております。現在の税理士にはご迷惑をお掛けしない形で、セカンドオピニオンをご提供することが出来ますので是非ご活用ください。