HOME > サービス案内 > 法人支援 > 確定申告書作成

法人税、事業税、住民税、消費税などの確定申告書作成

法人税、事業税、住民税、消費税などの確定申告書作成

法人税、事業税、住民税、消費税などの確定申告書作成のイメージ
払いすぎていることも多いのです。
払いすぎを取り戻すためのお手伝いをいたします。

法人税、事業税、住民税、消費税などの確定申告書を作成支援します。すべてお任せいただいても構いません。会社である程度作成される場合はチェックを行います。
過去の申告内容に自信がなければそのレビューをお任せください。
払いすぎていることも多いのです。払いすぎを取り戻すためのお手伝いをいたします。

法人税の申告

決算日を経過した時期に税務署から申告書がお手元に届きます。個人の確定申告書と比較して記載する項目が多く、複雑な構造になっておりますので、作成には高度な専門知識が必要です。

申告に誤りがあった場合には、他の税金計算にも影響するほか、申告書の修正や追加の納税をしなければならないケースもありますから、税理士に依頼されることをお勧めします。

住民税・事業税の申告(都道府県)

決算日を過ぎた頃に県税事務所などから申告書が届きます。

住民税の申告(市町村)

決算日を過ぎた頃に県税事務所などから申告書が届きます。

消費税の申告

一定の要件に該当する場合には、消費税のお知らせが決算日を過ぎた頃に届きます。
作成において専門知識が必要なため該当する方は税理士に相談してみることをおすすめします。

償却資産税の申告

備品などの固定資産を一定額以上保有する場合は、償却資産税の申告をしなければなりません。

最大1500万円の税金の還付を受けた事例

新たに顧問契約をしていただいた場合、過去の申告書を再確認いたします。
概ね70%の割合で間違いが見つかります。納税が足りないケースもありますが、逆に払いすぎているケースもかなり見つかります。払いすぎている場合申告より1年以内であれば、更生の請求を提出することにより税金を取り戻すことができます。
私共のチェックでは、最大1500万円の税金の還付を受けた事例があります。